CFD取引

自宅でできる視力回復トレーニングのやり方

眼球のトレーニング

普段はメガネやコンタクトレンズで矯正している人も、できることなら視力を回復させたいと思っている人が多いです。

視力回復トレーニングを始める前には、目を瞑ったり開けたりを繰り返しストレッチを行いましょう。

準備運動の後はトレーニングに入ります。物を見る時に重要な働きをしている筋肉に、毛様体筋と言う筋肉がありますが、
視力回復トレーニングでは、衰えてしまった毛様体筋を鍛えることができます。

やり方は目を上下左右に動かしたり、斜めを見たり、ぐるりと回転させるだけですが、実際にやってみると意外に疲れます。
日常で目を動かしているつもりになっていますが、狭い範囲しか動かしていないことが分かります。

根気よく続けていると、目の周辺の血行が促進され、疲れも感じなくなります。
遠くと近くを交互に見る視力回復トレーニングも効果があります。指や鉛筆を目の前に立て、数秒間じっと見つめます。
その後に遠くにある山や木などを見るというやり方です。
これは毛様体筋と水晶体を運動させ、低下してしまった目の機能を元に戻すことができます。

子供がよくなる仮性近視もトレーニング次第では回復すると言われています。

脳のトレーニング

全ての情報は脳が伝達していますから、脳を鍛えることで視力もアップします。視力が弱い人は、脳が認識を誤っている
ケースもありますので、物を見る時に漠然と見るのではなく、本当は見えていると自己暗示をすると、脳が目に働き掛けて多くの
情報を得ようとし、結果的に視力も向上するという原理です。

蒸しタオルを目の上に乗せたり、シャワーを目の周辺に当てることも、眼精疲労の回復だけでなくリラックス効果も生まれ、
脳にも目にも良い影響を与えます。